~ 住宅型有料老人ホームとは? ~

グッドケア!広島TOP › お役立ち情報 › ~ 住宅型有料老人ホームとは? ~

あなたが働くとすればどんな介護施設ですか?
実は、介護施設・事業所には様々なサービスや形態のものがあり、全国で147,347の事業所数があります。
(厚生労働省 平成29年10月1日現在「介護サービス施設・事業所調査」)

 

介護施設で働く【住宅型有料老人ホーム】

今回は、【住宅型有料老人ホーム】についてお話ししたいと思います。

住宅型有料老人ホームに入居されている方はどんな方なのか??

・60歳以上(65歳以上の場合も)で、要支援~要介護の認定を受けている人。自立の人も入居が可能。
・住宅型有料老人ホームは、生活支援サービス(食事の提供や掃除・洗濯サービス、買い物の代行など)を受けることができる高齢者向けの「住まい」です。

・介護付き有料老人ホームは、入居すれば常駐しているスタッフから24時間介護サービスが提供されますが、住宅型有料老人ホームでは、入居したうえでさらに、在宅サービス事業者と契約をし、そこから介護サービスを受けることになります。

 

住宅型有料老人ホームの特徴は??

・デイサービス、ヘルパーステーション(訪問介護事業所)、居宅介護支援事業所が建物内に併設されている場合が多くあります。
・ご入居者は、状態に合わせてデイサービスや訪問介護のサービスを利用されています。

 

まとめ

住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームに比べて自立度の高い方がご入居されています。
訪問介護として1対1の介護サービスを提供することが基本となるので、併設されている訪問介護事業所に在籍するカタチがほとんどです。
レクリエーション活動は他の施設に比べて少なめです。
少しでも手厚い介護の仕事がしたくて…という思い、生活支援の業務も多くあるため、少しでも手厚い介護の仕事がしたくて…
と、転職し、失敗してしまったお話しを受けることもあります。

訪問のサービスと施設としてのサービスがあるので、しっかり理解した上で転職活動をしましょう。

勤務のシフトは【早番・日勤・遅番・夜勤】が一般的です。

基本的に無資格の方は採用に結び付きません。
ヘルパー1・2級、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修、実務者研修、介護福祉士のいずれかが必要となります。